東京の様に家自身が狭く、また隣との距離が近い場合には、その狭い空間を出来るだけ有効にかつ狭く感じないようにすることが大切です。その為には、一般的な家の部屋の構造ではなく、広く見せるためのリフォームをするのがお勧めです。
もし部屋の間仕切りがあるなら、強度に問題のない限り取り払うことが有効です。または、完全に見えない壁ではなく、一部が見えるような壁にすることで見た目の空間が広くなります。
さらに、天井は出来るだけ高くすることが大切です。小さい子供がいなければ階段を吹き抜けにするのも良いでしょう。
最近はロフト式にしてベッドを置くケースも多いのですが、これも部屋を広く見せる有効な方法です。
東京の様に土地が狭い場所では、その土地を有効に使用するために上方向に広げること、すなわち屋根を可能な限り高くして三階建にしたり、屋上を作って物干しスペースやレクリエーションスペースにするケースも良く見られます。さらには階段式に部屋を配置して階段スペースを無くし、空間を有効に使用するアイディアもあります。
各部屋を経由しながら階段状のスペースを進むことで家族の様子を確認できますし、また家族からも見えるので、家族の絆が深まるような家になるという効果もあります。
東京の様な狭い家でも、その発想を変えて空間を有効利用すれば、広い家に比べ移動距離が少なく楽しめる家に出来ます。このようなリフォームは東京の様な狭い場所にお勧めの方法です。